On My Class
(Sorry only in Japanese)
私の授業について




 

地球学類のシラバス参照


2007年に地球学類が創設されました。 大気科学分野の教授陣は4名ですが、世代交代が行われました。 教授陣の入れ替えにより、学群の私の授業担当は少し変更になりました。

・総合科目 現代人のための科学

総合科目の目玉のひとつ。教育GP活動の一環で開始されました。授業中にクリッカーを使って学生の統計を取ったり、Moodleを使ってレポート処理をしたり、授業風景をウェブで流したりします。大勢の参加を期待しています。

・総合科目 つくばアクションプロジェクト(T-ACT)

総合科目として大勢履修して頂いております。専任助教が担当し、T-ACTを紹介します。T-ACTは学生の自主的企画を支援する人間力育成支援事業として実施されています。大勢の参加を期待しています。

地球環境学

学類改組を機会に新たに開設された1年生向けの看板授業です。古今書院から今年出版された 地球環境学の教科書に沿って、オムニバス形式で授業を行います。 私は1学期に登場します。

・大気科学

学群2年生向け授業です。大気科学の概論を数名の教授陣で講義します。

・地球基礎数学

2年生向け授業として学類改組を機会に始まった授業です。地球進化の八木先生・若月先生と分担して教えます。 ベクトル・行列、常微分方程式、編微分方程式、フーリエ級数などを地球学類の立場から 教えます。

・大気力学

春AB学期に担当します。。 大気の渦度や発散、ロスビー波、傾圧不安定論などの 大気力学について解説します。

・気候学・気象学演習

気候学・気象学のアドバンストコースとして、各分野より詳細な 解説を行なうと同時に、卒業研究に向けて基礎的なガイダンスを行ないます。 私は春学期に登場。

・気候学・気象学実験

測器の使い方、基礎的な観測法、天気図の解析、気象学における諸要素 の図的作業について、野外及び実験室において行ないます。 「気候学・気象学野外実験」の基礎となるものです。 私は秋学期に登場し、物質の輸送拡散モデルや簡単な 天気予報モデルの実習をします。

・気候学・気象学野外実験

平成29年度は菅平にて冷気湖の夜間観測を行いました。平成25年度は9月25ー28日にかけて 「富士山周辺の地上風系の観測」を行いました。総勢38名。 初日には台風が接近し大雨でしたが、富士山観測の当日朝になり晴れました。 山中湖の湖陸風に伴う局地循環を観測するために 周辺に観測網を設け、この領域平均での発散と渦度を計測しました。 本観測は、富士山の山谷風に伴う局地風を観測するために、 周辺の14地点で観測網を設け、この領域平均での発散と渦度を計測しました。
Google Earth
に観測された風ベクトルを重ねた図を紹介します。 富士山周辺の地上風系を見ると、南東から吹き込む海風が富士山で分流し、河口湖の西付近で 収束する風系が観測されました。これをMODIS画像と比較すると、南東に海風が富士山による上昇気流となって発生する雲域があり、富士山を迂回して収束する風下に もう一つの列雲域があります。地上風系と整合的です。この日は富士山周辺の14地点で同時に雲写真を撮りました。富士山周辺の雲の様子が360度の立体映像のように 浮かび上がりました。

その前は福島県下郷町の中山風穴の風穴循環の観測をしました。 以前、大学院の野外実験では韓国ICE VALLEY巡検を行いましたが、 そこで解き明かされなかった風穴の謎を解明する ために、ICE VALLEYに最も条件が近い安山岩累石風穴として有名なここ 中山風穴を観測対象に選びました。 気象関係者のみならず、地球科学系の地形学・ 水文学の著名な先生方にも声をかけて地球科学の一現象として、その 謎を解明しました(少しだけ)。 平成13年度に私が担当したときは、春6月と秋11月の2回に分けて中山に巡検に 行きました。春の観測では温風穴からドライアイスを流し込み、崖錐内部の 循環速度が3cm/秒、対流時間が1.5時間であることを解明。冬の観測では 上向き地中熱流量が150W/m2もあり、中山の至る所に温風穴があることを サーモグラフィーを使って解明。

・その他

この他にも、G30対象の講義や地球学実験にひょっこり顔を出す予定です。 20年担当したカオスの地球学実験を復活しています。今はG30の学生を対象に英語でこの授業を担当しています。

・地球流体力学

大気力学におけるバランス方程式やハミルトニアン力学、ノーマルモード理論、4次元同化 など、盛りだくさんなクラスです。

・大気科学演習

1年を通じ、いくつかのテーマについて演習・ゼミナール形式で学びます。 気候学・気象学における諸問題について、専門の立場から指導することで、 研究者として一人立ちするために 必要な基礎的知識と理解を修得し、実力の向上を図ります。 また、集中ゼミ形式では、論文紹介により、研究論文の書き方、 研究の進め方を指導します。

・大気科学野外実験

平成28年度は中山風穴観測をG30英語授業との合同で開催しました。 平成25年度は学群の大気科学野外実験と合同で行いました。 平成16年度は私が担当。地球シミュレータを用いた共同研究に参加し、 NCEP/NCAR, ERA-40, JRA-25, CCSR/NIES, AFESのローレンツエネルギーサイクルや Saltzmanサイクルの計算を行いました。 平成15年度は教官全員で、学群野外実験と合同で、夏に下層ジェット気流の観測 を行いました。 私は平成12年度には、アラスカ大学の国際北極圏研究センターに行って、 ツンドラを歩き、氷河を調査し、セントへレンズ火山の現地調査を行いました。 その前は夏になると山の斜面で氷が発達するという 韓国の不思議なICE VALLEYの観測を行ないました。 日韓共同研究という形で日本側から8名、韓国側から7名の参加があり、 観測の様子はフジテレビで放送されました。

・大気循環論

環境科学専攻での講義。大気大循環の視点で気候システムの形成・変動について話します。今年はこれが英語授業になりました。

1995年から2004年までNHK教育番組を担当。 以下はなつかしの思い出になりました。 最近は、プレカレッジやスーパーサイエンス スクール企画で、複数の高校にて出前授業を行っています。また、 文科省検定高校教科書の地学基礎(実教図書)の執筆者のひとりです。念願の教科書が発刊されて嬉しいです。放送大学の非常勤講師を始めました。 平成26年度は15コマの番組収録を行い、「はじめての気象学」という教科書を東大の伊賀先生と執筆しました。平成27年度の7月からから6年間、このテレビ番組が始まります。 また、平成29年6月には「地球大気の科学」共立出版を発行しました。学群での大気科学、大気力学、大学院での地球流体力学の講義内容をまとめた教科書です。



かつての「NHK地学番組」と放送大学「はじめての気象学」の様子 




お帰りはこちら・・・

田中のホームページへ


生命環境科学ホームページへ